From window, to wind

趣味のゲームとJavaプログラムなどについて 適当に書き綴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRESS START2009の感想

ゲーム音楽のコンサート PRESS START 2009の昼の部に行ってまいりました。
天気は雨が降ったり止んだりのまばらな状態でしたが、池袋の東京芸術劇場だったので駅の地下から直接行けたので特に問題なかったです。

13時30分開場で、僕が到着したのは45分ぐらいでした。S席ではなく、安いA席を購入。3階席の最後列で、舞台を見下ろすような位置でした。

DSを持っている人が多く、DQ9のすれ違い通信やDSのピクトチャットが行われていました。

IMG_0535.jpg IMG_0534.jpg
IMG_0533.jpg

肝心の内容は以下に続く。




■楽曲プログラム
「第一部」
1.ペルソナ4 <アトラス>
 全ての人の魂の歌/Reach Out To The Truth/記憶の片隅

2.スーパーマリオブラザーズ <任天堂>
 コースBGMメドレー

3.かまいたちの夜/弟切草 <チュンソフト>
 レクイエム/悪夢/館までの道で/奈美の思い出

4.幻想水滸伝 <コナミデジタルエンタテインメント>
 幻想の世界へ

5.ファミコンここまで出てるのにメドレー <アイレムソフトウェアエンジニアリング/インテリジェントシステムズ/カプコン/コナミデジタルエンタテインメント/サン電子/任天堂/ハドソン/バンダイナムコゲームス>

6.PORTAL <VALVE>
 Still Alive

「第二部」
1.大神 <カプコン>
 始まり/両島原 其の二/「Reset」 ~「ありがとう」 バージョン~

2.エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー <バンダイナムコゲームス>
 ZERO

3.リズム天国 <任天堂>
 忍者

4.ファンタジーゾーン <セガ>
 START ~OPA-OPA!/SHOP/KEEP ON THE BEAT/SAARI/HOT SNOW/BOSS/YA-DA-YO/MISS/VICTORY WAY

5.俺の屍を越えてゆけ <ソニー・コンピュータエンタテインメント>
 花

6.テイルズ オブ レジェンディア <バンダイナムコゲームス>
 melfes ~輝ける青 Concert version

「アンコール」
1.FF10 <スクウェア・エニックス>
 ザナルカンドにて

2.星のカービィ <任天堂>
 初代・星のカービィメドレー


■全体感想
本格的な音楽のコンサートは今回が初めてだったので楽しかった。舞台上部でぶら下がっているスクリーンにゲームの映像とかを映していたんだけど、劇場だけあって音の反響とかを考えた特殊なスクリーン(穴が空いている?)だった。舞台照明はゲームの音楽に合わせて綺麗だった。3階席後列だったが音は全然問題なく聞こえたのでよかった(音質とか良く分からんのでw)、ただ舞台の様子が分かりづらいのは惜しかった。

最初の挨拶でモンハン3とドラクエ9のネタとかw

観客は女性も多く、3割から4割ぐらいいたかな。隣の席の女性が声優の話や馬鹿なの死ぬのとか言ってて、すごく残念な気分になった。

この手のコンサートって曲の合間に裏話とかして長くなると思っていたんだけど、短く端的に話が終わり意外であり少し残念だった。

長時間いすに座っているとさすがに疲れるので、第一部と第二部の合間の10分の休憩時間で伸びをしておくべきだった。

アンケートに記入したかったが、ペンを忘れるという痛恨のミス。曲の要望も書きたかったし、いい加減にDVDかブルーレイで過去の演奏を販売してほしいと書きたかった。

ポスター欲しさにノビヨレーベルのディスクを購入。高い買い物だった。


■個別感想
ペルソナ4はプレイしたことが無かったが、いい曲だった。今度買ってみようかな(積みゲー増やすな)。

マリオはさすがに安定感があるというか、特にすごいという感じはしなかった。マリオの音楽を担当している近藤さんがゲストで皆勤賞ということで、メインスタッフにしてもいいんじゃないかという話w

かまいたちの夜と弟切草はかなり雰囲気が出てたのだが、悪夢のアレンジが効きすぎててオリジナルのシリアスさが無くなってて楽しみにしてただけあって残念だった。あとPRESS STARTのホームページに寄せられた観客のコメントが読まれ、毎回彼女とペアで来ている男性が今年は一人で来ることになり、その理由が弟切草を彼女が怖がっているということで爆笑。

幻想水滸伝は色々な雰囲気が出てて面白かった。プレイしたことも無かったのでこんな感じ。

ファミコンここまで出てくるのにメドレーは、ゲームタイトルを言わずファミコンのゲームの曲を流すというクイズ形式で、舞台上のスクリーンに答えである演奏タイトルがちょっとづつ現れてくるというものだった。一発目の曲がスーパーマリオブラザーズということで、またかよという笑いが起きるw。またスペランカーが流れた時も全体の1/4ぐらいがどよついてたw(去年演奏されてたので)。
以下流れたゲームのタイトル(順番は忘れたし、抜けているタイトルもあるかも、夜の部は別の曲らしい)
・スーパーマリオブラザーズ
・ふぁみこんむかし話 新・鬼が島
・がんばれゴエモン!からくり道中
・ゼルダの伝説
・光神話 パルテナの鏡
・クルクルランド
・スペランカー
・アトランチスの謎
・魔界村
・ディスクシステム
・迷宮組曲
・メタルギア
演奏後、もうちょっと聴きたいメドレーだよねで爆笑w

PORTALは海外のゲームであるということで、桜井さんが実演紹介。タイトルしか知らなかったので、参考になった。ポータルガンの操作とゲームシステムが斬新で、奥が深そうなFPSパズルゲーム、面白そうなのでプレイする機会があればいいな。桜井さんゲームの紹介うまいなw。日本語訳の歌詞だったのだが、スクリーン上の歌詞と違ってるところがあった(歌詞が急きょ変更されたのか、それとも歌い間違えたのか)

大神は尺八と三味線の演奏が加わっており、オーケストラに負けてない感じでよかった。

エースコンバットはギターが良かったし、ギターが良かった(大事なことなので(ry。フラメンコとかいってたけど、良かった。是非とも来年はミンサガの熱情の律動を(爆)

リズム天国はオーケストラの演奏を利用して、実際に舞台上でリズム天国の忍者のゲームを再現したものだった。黒忍者と白忍者に分かれて打楽器で相手の音に答えるというものだった。観客2名が代表して選ばれたが、サイン入りの何かをプレゼントされててうらやましかった。最後に開場全員参加の演奏で、観客が手拍子で答えるという形で、一体感がすごかった。

ファンタジーゾーンは特に感想なし。

俺の屍を越えてゆけは歌がパワフルだった。

テイルズはノビヨ師匠が「melfesって何語なの?」と聞いて「輝ける青です。」という漫才が聞けて良かったw

アンコールは例のごとく、ノビヨ師匠のFFの曲からザナルカンドにて。原曲が既にオーケストラだったような?演奏を聴いて、ノビヨ師匠が涙ぐむとかwww確かにいい演奏だった。

アンコール2曲目は予想外のカービィだった。絶対ないだろうなと思っていただけに感動した。実際はどうか分からないが、ホームページに寄せられたコメントで、星のカービィの曲に感動しているのでお願いしますということで演奏された。初代のGBの曲のメドレーで、カービィの曲の良さを再認識できた。

また来年も行きたいな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kagenyan.blog69.fc2.com/tb.php/96-20ada690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。