From window, to wind

趣味のゲームとJavaプログラムなどについて 適当に書き綴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラフデータ読み取りツール

Javaで書いたグラフデータ読み取りツール「graphport.jar」です。自動では無く手動でプロットの点を取得していきます。
実行ファイルとして、jarファイルを置いておきます。右クリックでファイルを保存してください。
graphport.jar

その他のファイル。
ホームページのJarFile置場
ソフトの外観と使い方

起動すると、最大化されたウィンドウが表示されます。
上部にある画像読み込みボタン(1)を押し、グラフの画像ファイルを選択してください。
ファイルを読み込むとウィンドウ表示1の状態になります。
右側に読み込んだグラフの画像が表示されます。
グラフの軸の原点をクリックすると赤の十字が表示されます。
左側の原点x,y座標に原点の値を記入してください。
次にプロットする点のコンボボックスをクリックしてx軸代表点を選択して、原点と同様にグラフ上のx軸の代表点(目盛りの点)をクリックして、値を記入してください。
y軸も同様です。
クリックした十字の点を1px移動したいときはウィンドウ左下の十字ボタンかキーボードの矢印ボタンを押してください。
グラフ上のマウスカーソルを変更したいときは十字ボタンの下のコンボボックスで変更してください。

原点と代表点の設定が終わりましたら、ウィンドウ上部のデータ取得ボタンを押してください。
続いてグラフ上のプロットの取得作業に移り、ウィンドウ表示2の状態になります。
先ほどと同様にグラフ上のプロットをクリックすると赤い十字が表示され、ウィンドウ左側のテーブルに十字のピクセル座標とグラフ上のx,y座標が記入されます。
2つ目以降のプロットの取得には、ウィンドウ左上のコンボボックスをクリックして1、2、3…番目の点に変更してください。
先ほどと同じく十字ボタンでクリックした点を1px移動することができます。
ウィンドウ表示1,2ともにマウス右ボタンを押すとコンボボックスの中身が次に変更され、キーボードのA,Zキーでもコンボボックスの中身を前後に移動することができます。

プロットの点を取得し終わりましたら、ウィンドウ上部の結果を出力を押し、ファイルとして保存してください。保存したテキストファイルにはグラフ上のx,y座標のデータがタブ区切りで入っていますので、テキストエディタで開き、コピーしてエクセルに貼り付けてご利用ください。

ウィンドウ表示1
graphportview.jpg

ウィンドウ表示2
graphportview2.jpg

スポンサーサイト

コメント

ちょっとした点について

便利に利用させていただいています。
幾つか気になったところがあったのでコメントさせていただきます。
(特に難しいことではないのですが^^;。)

1 つ目、データ取得後、座標設定を修正しても、
X, Y の値を再計算してくれないのが、気になりました。
修正後、再計算していないデータを使っちゃいそうで怖いかも知れません。

2 つめ、ピクセルデータも書き出してくれると、
自分で excel 等で計算してみるのに便利かもしれません。

利用させていただいてありがとうございました。

  • 2009/11/22(日) 21:31:32 |
  • URL |
  • 利用させていただきました #-
  • [ 編集]

Re: ちょっとした点について

こんなソフトでも利用していただけるとは、
ありがとうございます。

作ってしばらくしてから不具合があることが分かっており、
1から作りなおそうとしたんですが、
忙しくなってすっかり忘れておりました。

今は時間が空いているので、
久しぶりに作りなおしてみますね。

  • 2009/11/23(月) 00:26:31 |
  • URL |
  • kagenyan #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kagenyan.blog69.fc2.com/tb.php/70-07b1787b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。