From window, to wind

趣味のゲームとJavaプログラムなどについて 適当に書き綴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nintendo3DS体験会行ってきた

というわけで2011年1月8,9,10日と開かれたNintendo 3DS体験会に行ってきました。
会場は幕張メッセイベントホール。初日の8日に参加してきました。天気良かった。
IMG_0675.jpg

朝10時開場でしたが早朝の時点で既に並んでいたそうです。
ちょうど10時に到着しましたが既にイベントホールから出るぐらいに列が出来ていました。
15分くらい並んで中に入れました。結構外国人の方も多かった感じです。

入って左手に3DSのパッケージがおいてありました。

IMG_0676.jpg

本体の色は青と黒の2色。
本体パッケージはLiteに比べてちょっと大きめですね。
ソフトのパッケージは同じぐらいかな。

体験したゲームは

・レイトン教授と奇跡の仮面
・nintendog + cats
・STEEL DIVER

立体映像展示コーナーでは
・ペーパーマリオ(仮称)
・マリオカート(仮称)
・ARゲームズ
・顔シューティング
・すれちがいMII広場
・3D美人時計(仮称)
・テイルズ オブ ジ アビス
・KINGDOM HEARTS 3D(仮称)

を体験してきました。

3D表示全般に関しての感想は
・たしかに奥行きがあるように見える(見えないとぼやいている人もいた)
・ちいさな紙吹雪などはちらついて見えるので3Dに不向き
・リアルな物よりもポリゴンのカクカクした物の方が立体的に見やすい
・すべてを3Dで表現するよりも紙芝居のような層を持った表示のほうが綺麗に見える
・3D深度調整をオフにすると完全な2D表示になる
・本体の大きさ重量はDSとかと同等なので腕への負担は特になさそう(本体裏にマグネット付きだったのであまりはっきりしないかな)
・ボタンやキーパッドなどの配置は特に違和感なかった


3Dに見えるかどうかは
・3D深度
・焦点距離
・本体と目の距離
の3つの兼ね合いなので、
手で持っているときに腕や頭が前後したりすると
立体的に見えなくなる。
左右に動くのでも変わってしまうが、こちらは逆に立体的である見えたりする。
本体との距離があってないと焦点距離を調整しようとするので目がものすごく疲れる。

大まかに纏めると
・立体的に見えやすい人と見えにくい人がいる
・立体的に観るのにもコツがあるので慣れが必要(結構疲れる)
・3D表示が綺麗なソフトもあれば、あまり立体的に見えないソフトもある



ここからは各ソフトの感想

レイトンは体験会用のストーリーで2つのパズルを体験できました。
・てんとう虫の迷路(タッチペンで移動方向指定)
・ペンギンが氷の上を滑るパズル(ドラクエとかでお馴染みのやつ)
3DSの機能を利用したパズルが体験できなかったのは残念。
でも3Dの映像になっているのでムービーとかは迫力あるように見える。

犬と猫はひたすらタッチして撫で回したり、アイテムで遊んだり着せ替えたりする感じ。
犬猫が好きで本物の犬猫に触れない人向けのゲームなのかな、ちなみに私は猫派!

潜水艦はジャイロセンサーをうまく利用したゲームという感じ。
アイフォンとか持ってないからジャイロセンサーを利用した携帯ゲームは初めてなのですごく新鮮だった。(Wiiリモコンは画面が付いてないので別物)
ただゲームとしての完成度はまだまだ低い感じなので、今後のジャイロセンサーを利用したゲームに期待といった感じ。

立体映像展示はマリオカートの並びが凄かった。他のソフトはそれほど待たずに見れました。
マリオカートの感想としては激しく3D酔いしそうといった印象。
キングダムハーツは無印の立体表示リメイク。オリジナルが3DS向けじゃないけど割と立体的に見えて評価。
3D美人時計は完全にネタとしか思えない感じだったw

ステージプログラムは

・Miiで遊ぶ、ARゲームズを体験する
・任天堂ゲームミュージックライブ
・METAL GEAR SOLIDシリーズ

の途中まで聞いて帰りました。櫻井さんの発表聞きたかったorz
最近疲れやすい体質なのと、立ちっ放しでゲームは結構疲れます。

任天堂ゲームミュージックライブは
1.ドンキーコングのテーマ
2.どうぶつの森メドレー
3.スーパーマリオブラザーズメドレー
4.ゼルダの伝説メドレー
の4つが演奏されました。

金管楽器メインのライブでした。うーん、オーケストラのほうが好きです。

帰りの出口でオフィシャルガイドブックをもらいました。
IMG_0678.jpg
今回展示されていた以外のソフトなども紹介されています。

さすがの任天堂というか展示などのサポート体制が素晴らしかったです。
だいたい二つの本体にひとりのスタッフが付いていました。

東京ゲームショウほど人も並んでおらず(あまり周知されていなかった?)1時間超えの並びは無かったように感じました。だいたい15分から30分くらいの待ち時間で遊べました。人数に対して数と試遊時間の調整が良かったのでしょう。

もうちょっとまともな体調だったら他のソフトも遊べたのですが、今回のレポートはこんな感じで終わります。

Nintendo3DSの購入の参考になればと思います。(立体的に見えるかどうかは人によるので、購入前に一度試してみるのをお勧めします)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kagenyan.blog69.fc2.com/tb.php/134-efb2d4c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。