From window, to wind

趣味のゲームとJavaプログラムなどについて 適当に書き綴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミ箏行ってきました

2012年4月6日(金)に深川江戸資料館で開催されたファミ箏 第1回演奏会に行ってきました。


IMG_0847.jpg
ゲーム音楽を和楽器で演奏すると聞き、
しっかり休みを取って準備万端・・・

2時間前に着いてしまったorz

清澄白河何にもなかったので公園で桜撮ったりして時間をつぶすことに。サムイサムイ
IMG_0848.jpg

IMG_0849.jpg

これがファミ箏のプログラムパンフレット
写真じゃわからないと思うけど、楽器の絵がドット絵になっている凝り具合
IMG_0850.jpg

プログラム
1、がんばれゴエモンメドレー(作曲 コナミ矩形波倶楽部)
 FCがんばれゴエモン2「江戸城BGM」
 FCがんばれゴエモン2「旅始め」
 SFCがんばれゴエモンゆき姫救出絵巻「黒豆頂戴!」
 FCがんばれゴエモン2「中国・北海道BGM」
 SFCがんばれゴエモン2奇天烈将軍マッギネス「松の廊下を駆け抜けて」
 FCがんばれゴエモン2「ボス」
 FCがんばれゴエモン2「またね」
2、月風魔伝メドレー(作曲 コナミ矩形波倶楽部)
 オープニングBGM
 パスワードBGM
 ほこらBGM
 行け!月風魔
 1000億光年の彼方
 3DダンジョンBGM
 龍骨鬼戦
 黙示録
3、ファイナルファンタジーオープニングテーマ(作曲 植松伸夫)
4、ファイナルファンタジーIIIメドレー(作曲 植松伸夫)
 プレリュード
 クリスタルのある洞窟
 バトル1
 ファンファーレ
 悠久の風
 バトル2
5、ザナルカンドにて/ファイナルファンタジーX(作曲 植松伸夫)
6、ファイナルファンタジーVIメドレー(作曲 植松伸夫)
 ティナのテーマ
 仲間を求めて
 決戦
7、ビッグブリッヂの死闘/ファイナルファンタジーV(作曲 植松伸夫)
アンコール
 ファイナルファンタジー/ファイナルファンタジーV(作曲 植松伸夫)
 阿波踊りdeチョコボ

感想
 当初の目的はFF3の曲が和楽器でどんな感じになるのかを聴きに行くのと
ビッグブリッヂの奏者殺しを見に行くことでしたw
演奏楽器は箏・十七絃と三味線と尺八の3種類でした。
全体的な感じとしてはメロディーを箏と尺八が奏でて、三味線が良いアクセントを付けている感じでした。

十七絃は昭和初期に作られた和楽器で
箏(約180cm)より長い2mぐらいの楽器で低音を得意としているそうです。
正月によく聴く春の海の作曲者さんが作った楽器らしいです。

がんばれゴエモンと月風魔伝は良くある和楽器の
演奏のイメージと合致した演奏でした。
一方でその後のファイナルファンタジーの曲のイメージは和楽器とは全然違うものなので
一体どんな演奏となるか楽しみにしていました。

3番のファイナルファンタジーは原曲のイメージを崩すことなく
雅楽のトンカラテンをメロディーに上手く乗せていました。
どちらかといえば、洋楽器の演奏に和楽器でチャレンジしているような印象でした。

FF3メドレーでは箏と十七絃で表現できる音の違いがはっきりとした感じでした。
箏の音色の方がより原曲のイメージに近かったです。
ここらへんから尺八の独特の音色が活きたメロディーであったり、
各楽器の担当分けがはっきりとして和楽器らしい音の演奏で面白かったです。
ただ、やはりバトル2は難しいですねw

ザナルカンドにては箏と三味線と尺八が
同じメロディーを演奏するという試みの演奏で面白かったです。
和楽器の特徴なのか分かりませんが、
各楽器で出せる音が違うため得意・不得意なメロディーが結構際立っていました。

ティナのテーマのメロディーは三味線の練習用のメロディーに似ているらしく
三味線を中心とした演奏になっていました。
確かに三味線の基本の音に近いなーとは感じていましたが、
やはり三味線ですべてのメロディーを引くと少しのっぺりとした感じになりますね。

ビッグブリッヂはやはりきつそうでしたw
いくつか削った音があったし、完全にやるのは無理なんですかねw

阿波踊りdeチョコボは何も言うまい・・・

和楽器や編曲の解説などもあったりして、
聴いていて飽きない演奏が多かったです。
オーケストラみたいな調和ではなく個々の楽器の持ち味が良く分かる演奏でした。

是非とも第2回の演奏会が開かれるのを期待しています。
お値段も2000円と安く足を運びやすい演奏会でした。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。