From window, to wind

趣味のゲームとJavaプログラムなどについて 適当に書き綴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスター育成ゲーム作成日記1

最初作ろうと思ったのはバーコードバトラー風ゲームだったんだけど、
味気なさそうだったのでモンスター育成ゲームに変更。

とりあえず途中で頓挫しないことを祈る。

【基本的な内容】
・モンスター情報はニコニコ動画の動画情報(再生数などなど)から生成
・育成などの指示内容は入力した単語(コメント)によって決定
・モンスター同士の対戦は完全CPU任せのシミュレーションで行う
・ベースが完成したらコメビュのプラグインとして実装する

今のところC#とWPFで開発を進めているがもしかしたら途中で変えるかも?

NicoMonster1.jpg

【開発状況】
・ニコニコ動画APIから動画情報の取得完了
・育成までの大枠の処理完了
・モンスターの色相変更可能

【検討内容】
・全体のレイアウト
・技や特性の中身
・モンスターの種類
・ステータスのバランス
・ランダムイベントの有無
・対戦シミュレーターの中身
・短時間で育成完了させる方法
etc…

というか企画書みたいなものもなくダラダラ作っているので
実装内容ほとんど決まってないんだよね。

完成するかどうかも分からないので基本的に公開しない方針で。

あとモンスターファームを作っているわけではなく、
あくまでバーコードバトラー的なシミュレーターがメインのはず?

技とかの実装など幾つか進展したらまた記事にします。
スポンサーサイト

文字列を1文字ずつ表示する処理

ゲームなどでメッセージウィンドウに1文字ずつ文字が流れるように表示するコードです。

具体的な流れとしては
1)タイマーイベントなどで周期的な処理を組む。
2)表示させたい文章から最初の1文字を取り出す。
3)取り出した文字列を表示する(描画更新)。
4)表示させる文字列の長さを増やして、あとは繰り返し。

処理の流れは単純ですね。ただ3番目の文字列を表示するという部分が問題です。
グラフィックスを扱うような処理で文字列を表示する場合は簡単に組みこめますが、
ラベルなどの部品にテキストで受け渡したりする場合は描画されないことがあるので面倒です。

今回DispacherTimerという便利なクラスを使っているのでC#ってよりはWPFですかね。
(C#だとdelegateなどを使わないとUIスレッド外からのアクセスうんたらかんたらと怒られたような)
まあ言語に合わせた処理を考えましょう。

というわけで自分が忘れたときに確認するためのソースコードの一部を貼っておきます。
別の文章を表示したいときはview_numを0にしてviewmessageを新しい文章にします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。